• TOP
  • 脱毛サロンランキング
  • 脱毛サロンの口コミ
  • 体験レポート

京都全身脱毛れびゅー.com TOP > 自己処理の注意点

自己処理の注意点

こちらのページでは、自己処理に関する注意点を掲載していきます。自己処理をしている方の多くが悩んでいます。脱毛サロンに行通うには、どうしてもお金がかかるし、自分で処理できれば良いと考えがち。
確かに手軽ですし、いつでもできるものです。
しかし、それは危険を伴うものですし、肌を痛める可能性があります。掲載されている、3つの注意点をしっかり確認して、自己処理を行いましょう。

自己処理の注意点①

毛抜きでの自己処理を行う場合、一番気をつけたいのは埋没毛です。
埋没毛とは、皮膚外に体毛が出るのではなく、皮膚内で発毛してしまった毛のことです。これらを放置しておくと大変なことになります。
毛抜きで抜いたときに皮膚が傷つき、かさぶたになっています。それが蓋の役目を担うこととなり、毛穴が塞がれ、表面に毛が出てこれなくなる症状となり、場合によっては色素沈着を巻き起こす可能性が出てきます。

自己処理の注意点②

カミソリで自己処理をする際の注意点もたくさんあります。
例えば、シェービングやクリームなどをつけずにカミソリで毛を剃る「から剃り」。乾燥した肌に直接ダメージを与えるため、肌にはかなりのダメージが伴うことになります。必ず、クリームなどをつけてから剃るようにしましょう。
また、カミソリでは難しい毛の処理を、危険を冒してまでカミソリで行うのはリスクが大きすぎます。同じく肌を傷つける可能性がありますので、絶対にやめましょう。

自己処理の注意点③

どうしても自己処理で済ませたいという方には、ビフォアー、アフターケアをしっかり行うことを大前提として考えましょう。お風呂などでしっかり、肌を乾燥から守り、脱毛するのであればあたたかい濡れたタオルに肌部分をあてましょう。
クリームなども忘れずに…さらに、脱毛が終われば、またケアをしっかり行いましょう。トラブルが起きる前に、自分の肌を守る心がけをしましょうね!

管理人まとめ

自己処理は危険が伴うものですし、言葉を選ばずに言ってしまうと少し面倒。もちろん、ケアをしっかり行って、脱毛すれば良いのですが、大抵失敗してしまうケースが多いです。
だったら、脱毛サロンに通ってプロの施術を受けた方が、何倍もリスクはおさまると思いますよ! 時間がないという方でも、遅くまでやっているサロンや、予約が取りやすいように工夫されているところもありますので、カウンセリングだけでも聞いてみてはいかがでしょうか?